読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色は匂えど散りぬるヲ

株式会社アジケ代表のブログ。清濁併せ呑むようなものが好物です。

2017年 年始のご挨拶

Diary

f:id:dubhunter:20160317073914j:plain

皆さまあけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2017年は酉年にちなんで飛躍するぞ!と声高らかに宣言することが何だか気恥ずかしい年齢になってまいりました。

今年も自分たちができることを着実にやっていき、クライアントやユーザーの生活に貢献できるような仕事をする1年にしたいと思っております。

気持ちのうえでは新しい挑戦を今年も取り組んでみたいと思いつつも、これまでの経験を踏まえて自分なりにアクセルを踏むところとブレーキをかけるところがわかるようになってきたように思います。

良く言えば熟練してきたということでもあり、悪く言えば、保守的になってきたということでしょうか。

2017年は引き続き、ユーザーの体験をデザインする会社として強くなります。

そんな自分、そして会社そのものを受け入れつつ、ユーザーの体験をデザインする会社としてチームで協力しながら、結果を出せる会社として強くなれる1年になればと思っております。

お時間がない方はここまでお読みいただくだけで十分ありがたいことです。

ぜひ本年も ajike をよろしくお願い申し上げます。

続きを読む

[初心者必見]Google Analyticsのデータから、カスタマージャーニーマップを作る方法。

UXD

こんにちは。梅本です。

今日は Google Analytics のデータを使ってカスタマージャーニーマップをつくる方法をご紹介します。

カスタマージャーニーマップとは?

カスタマージャーニーマップとは、顧客がどのように商品/サービスやブランドとの接点を持ち、興味をもって、目的の行動に至るのか?という一連の行動プロセスと時間軸を可視化したものです。

カスタマージャーニーマップに関する記事はいろんなところでまとめられているのでネットで検索するといろいろ出てきます。そちらをご参考ください。

  • カスタマージャーニーマップのイメージ f:id:dubhunter:20160711172407j:plain

参考:カスタマージャーニーマップの目的、作り方、考え方

カスタマージャーニーをGoogle Analyticsの行動データから考える。

さて、カスタマージャーニーを考えるときに、皆さんはどうされていますか?

関係するメンバーをあつめて、ブレストをしたりとかでしょうか?

いわゆるKA法やKJ法を活用し、付箋にアイデアを書き、カテゴライズして因果関係を結びつけるなどをされているかもしれません。

f:id:dubhunter:20160711172405p:plain

これはアイデアを生み出し、進化させるためにはとても有益な方法です。

新規事業や新しいサービスのカスタマージャーニーを考えるときにはとても役に立つ思考方法です。

一方、このカスタマージャーニーを考えることのゴールは仮説を抽出し、検証することで優先すべきアクションプランを導き出すことです。

なので、この仮説構築&検証の精度が高まるとサービスやサイトの成功確度が上がります。

前段が長くなりましたが、今日の記事は Google Analytics を使ってカスタマージャーニーを考える方法を記載します。

続きを読む

MAツールを導入すると見えるユーザーの行動(ジャーニー)について

Marketing

f:id:dubhunter:20140420175109j:plain こんにちは。梅本です。

MA(マーケティングオートメーション)ツールを導入しても、なかなかうまく活用できないという声を見かけます。 MAツールは導入から運用開始まで設定が多く、なかなか効果が出るまで難しいということなのかもしれません。

近年のデジタルマーケターが抱えている課題は、データを集めて行動を作り出すという点があります。

データを読むというのは、ユーザーのジャーニーを読み取るという難しい側面にスポットが挙げられますが、MAツールなどを活用するとその一助になる部分もあります。

なので、今日はMAはツールを活用してユーザーの行動(ジャーニー)をどう読み取ればよいのか具体的な内容を記載します。

MAツールでユーザーの行動を理解する

続きを読む