見出し画像

北九州市立子ども図書館に行ってきたよ

北九州市立の子ども図書館がオープンしたので家族で行ってきました。

12月22日に子ども図書館がリニューアルするということで数ヶ月前からオープンされるこの日を楽しみにしておりました。

北九州市の中央図書館は建築家の磯崎新さんが設計され、今回の内装リニューアルも磯崎さんの事務所がされました。

磯崎さんは丹下健三さんなどと東京計画1960に携わった建築家としても有名です。

私は二地域居住をしておりますが、いまの住まいを選んだ理由は本が好きで図書館のすぐ横だからです。(城好きで城が見えるからもあるけど)

そして、今回のリニューアルでつくられた設備はいくつかありますが、私が気にいったのは以下の2つです。

・ひとつは寝転びながら本が読める寝転びスペース
・もうひとつは読書通帳が導入された点です。

もちろん私は大人なので寝転びスペースでごろごろしながら本を読むことはできませんが、子どもの頃、図書館でゴロゴロしながら本を読めたら気持ちいいだろうなぁと思ってました。

娘はしっかりゴロゴロしながら本を読んでおり、羨ましいぞ!と生暖かい眼差しで眺めておりました。

読書通帳がある!!

昔、読書通帳の記事を読んだことがありました。

読書通帳とは、銀行の預金通帳のような図書館専用の通帳のことです。本を借りるとその借りた本が通帳のように記述できるサービスです。

賛否両論あるようですが、個人的には賛成です。

子供たちの読書意欲が上がるような仕組みとしては税金を投入してもいいんじゃないかとか思います。

ちなみに、全国的に読書通帳を導入している図書館は結構少ないようです。

なので、記事を見た時、家の近くの図書館が導入されてればいいのにと思っておりましたが、今回導入されたことでその想いが叶いました。

こどもが読書にはまるきっかけになったら嬉しいです。
(はまらなくてもいいけど)

他にもベビーカー用のエレベーターや、世界の絵本など図書館としても珍しいサービスがありました。

私もこどもエリアにあったデザインの本を借りてきました。

北九州市立子ども図書館のリンク貼っておきますね。

こどもたちと一緒に通おうと思います。

ではでは。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。スタッフとコーヒーいただきます。

ありがとうございます。もっと書きます!
9

梅本 周作 / ajike

UXデザイン会社ajike/アジケのCEO。USEN MediaのCXOも兼任。 味気ある仕事をしたいと思っています/デザイン組織づくり/二地域居住/レゲエ好き/たまにがんばります😐https://ajike.co.jp/

コメント1件

え、とても懐かしいです。
学生の頃、北九州市立図書館の自習室よく通ってました。
昔は古書臭く、政令指定都市の施設にしては汚いイメージでしたが。
リニューアルされたんですね。帰省した時に一度は足を運んでみたいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。