マネジメントに欠かせない。Trello の活用をさらに便利にする4つのChrome拡張機能

Trello 使ってますか?

プロジェクト管理ツールは Github や Backlog など社内で用途にわけて導入しておりますが、私は Trello に1番お世話になっております。

7月になり、弊社では下期にはいりました。

下期からPRチームのマネジメントを担当することになったので、PJ管理は Trello を使っていくことになりました。

プロジェクトのタスク粒度が細かったり、タスクに対してソースの差分管理などやりが多いものであれば Github や Backlog がいいと思います。

ただ、マネジメント側としては比較的タスクの粒度が大きめで複数チームの PJ を見なければならない場合が多いので、視覚的に把握しやすい、Trello が一番しっくり来る感じです。

なので、今日は Trello の使い方と使っている chrome のエクステンションをざっと書いていきます。

Trello の基本設定


chrome エクステンションの前に、まず Trello 基本のPower-Upという付加機能を紹介します。

ガントチャートにする「Elegantt」とよばれる機能や inVision と連携する機能もあるのですが、あまり使わなくなったので利用することをやめました。

気になる方はいろいろ探してみてください。

私が Power-Upsで利用している機能は以下3つです。

1. カレンダー
2. Slack
3. Googleドライブ

無料版だと Power-Upは3つまで選べるかと思います(たぶんそうだよね?)

1.カレンダー

カレンダーはカレンダービューを見たいのではなく、”いつまで”を設定するために利用しています。

誰かに仕事をお願いするときに、いつまでを伝えるのはマストですからね。

2.Slack

trello の情報が更新されると、slack に通知が飛ぶようにします。この設定をすることで誰かがタスクを更新すると通知用のチャンネルに情報がたまるようになります。

ちなみに通知アラートは煩わしいので、基本オフにしておいてタスクを確認するときにそのチャンネルをザーッとながめるようにしてます。

3.Google ドライブ

社内のドキュメントは G suite で統合してます。特に Google spreadsheet の利用頻度が高いので、これと連携させるときに便利なので利用しています。

Trello で利用している Chrome拡張(エクステンション)4つ

Trello のchrome拡張機能も数多くあるんですが私は下記の4つを利用しています。

1. Card Numbers for Trello

これはカードに対して番号を割り振る機能です。
ボードに参加しているメンバーが見ても、同じ番号が割り振られます。

なので、打ち合わせをしている時、「3番のタスクだけどさ…」などカード番号で話ができるので便利です。

2. Card Color Titles for Trello

これはラベルの上に文字を表示してくれる機能です。
通常は色で識別するだけなのですが、それだけだとなんのラベルだっけな?となるのであると便利です。

3. Next Step for Trello

Trello では、カードに対してチェックリストをつくることができます。
通常、このチェックリストはカード詳細を見なければならないのですが、この機能をいれると一覧のリストビューでもチェックリストが見られます。

便利です。

4. Trello Priority

先日、note で知ったのですが、これはタスクに対して優先決めをして可視化してくれる機能です。

自分ひとりじゃなくて、他のチームメンバーが優先度になやんでいるときありますよね。そんな時にこの機能をつかうと優先度決めに大きく役立ちます。

ちなみに、この機能を利用するときのポイントは、ラベルをつけるときにショートカットキーにうまく符号するように設定しておくことです。

私の場合は数字のショートカット

1 -> Low Cost
2 -> Mid Cost
3 -> High Cost
4 -> Low Impact
5 -> Mid Impact
6 -> High Impact

となるようにしています。

タスク登録時に、ある程度項目を入力したら最後に、2,4 とキーボード入力をすると、上記のラベル、Mid Cost、Mid Impact がつくようにしています。

ラベルの使い方はいろいろあるかと思いますが、この機能を使うときはこの設定が一番いいのではないでしょうか。

Trello のブランド素材いいですね

ちなみに記事をつくるときに最後、画像をさがしていたらブランド素材が用意されていました。

こういうところはやっぱりいいですよね。
画層は素材を使わせてもらいます。

ということで今日は Trello の使い方を紹介しました。
他にもいい機能の使い方を知っている人がいればぜひ教えてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。スタッフとコーヒーいただきます。

嬉しいです!
15

コメント2件

今更ながら Trello Priority を紹介いただいてるのに気づきました!ありがとうございます!
いえ、大変参考になりました。利用させていただいております。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。