読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色は匂えど散りぬるヲ

株式会社アジケ代表のブログ。清濁併せ呑むようなものが好物です。

LINE@を個人で使って、配信数って何のこと?やトークは公開されるのか?などかわかった

Smartphone Marketing LINE

LINE@をどう使うかはまだ迷っております。

ただ、使ってみたところちょっと躓いた部分がありました。 おそらく LINE@ を始める方もこの部分どうなっているのかな?というところになりそうなのでメモしておきます。

この記事のまとめ

  • ユーザにメッセージを届ける配信の種類は2つ -配信にカウントされるメッセージはホーム画面で管理者書いたコメントやスタンプも含まれる
  • 配信後のユーザとのやりとりは1:1(他の友達には見えない)

配信の種類について

まず無料プランだとメッセージ送信数が1000通/月なんですね。

f:id:dubhunter:20150217163047p:plain

プラン・料金 - LINE@でファン獲得!無料アプリで簡単に始めるビジネスLINE

じゃあ、何がメッセージ配信数にカウントされるのかを把握してみようかなと。 ちなみにサイトには

ここで定義するメッセージ通数とは、LINE@から送信する吹き出しの数です。1吹き出し=1通とお考えください。

と掲載されております。

配信とカウントされるメッセージ

LINE@のオーナーがメッセージを配信するときは、基本下記の赤枠からメッセージを作って配信することになるかと思います。

そのとき、2つの配信方法があるのですがまずは何が”配信”とカウントされるかを記載します。

f:id:dubhunter:20150217163054p:plain

  1. 「メッセージ作成」から配信したメッセージ
  2. 「ホーム投稿」で配信したメッセージ
  3. 「ホーム投稿」のコメント欄でのやりとりやスタンプの配信

上記の3が配信とカウントされるのか否かわかりにくいところです。

※誤っていたらご指摘ください。

配信先について

  1. 「メッセージ作成」から配信されたメッセージは友達個別に1:nとして配信される
  2. 「ホーム投稿」は自分のタイムラインに投稿される。1:n
  3. メッセージ配信後のやりとりは個別の1:1トークになる。

f:id:dubhunter:20150217163100j:plain

おそらく、ユーザー側から見た時に

メッセージが配信されてきた→そのまま返信したら他のみんなにも見えるんじゃないか?

みたいな感覚になるかと思うので、このあたりメモをしておきます。

実はLINE@のトップページに書いてあるのですが、意外とその概念がわからないまま見落としそうだったので書いておきました。

LINE@で販促・ファンを獲得!無料アプリで簡単に始めるビジネス向けLINE

ちなみに何をやるか決まっていないLINE@のアカウントまだまだ募集中です

友だち追加数

※ハードル上げて自分を追い込んでますw