読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色は匂えど散りぬるヲ

株式会社アジケ代表のブログ。清濁併せ呑むようなものが好物です。

日常でよく使う商品をワンプッシュで注文できる「amazon Dash button」

f:id:dubhunter:20150401183656p:plain

amazon からすごいサービスが出てきた。

普段の生活でよく使う消耗品はいろいろあるだろう。 髭剃りや洗濯洗剤やペーパータオル。 こういった繰り返し使う商品は急になくなるケースが多い。

そんなときの悩みをユニークな方法で解決するのがこの amazon dash buttonだ。

洗濯洗剤がなくなったときにボタンをワンプッシュで注文完了。 あとは届くのを待つだけ。

スマホやPCを開く必要すらないというのはamazonならではの企業力がないと協力企業との交渉も含めて実現が難しいサービスだろう。

www.amazon.com


Introducing Amazon Dash Button: Place it. Press it. Get ...

注文する量については、最初に Amazon アプリと wi-fi で連携し、商品の発注量を予め決めておく仕組みのようだ。

また誤発注を防ぐために、商品が届くまで注文ができないようになっているのもユーザ体験をしっかりデザインできているところだろう。

IoTで白物家電が解決するんだろうなと思っていた所を先取りしているか?

自分も昔アイデアベースだが、白物家電の未来みたいなものを考えたことがある。

例えば、洗濯機とソフトウェアのデータを組み合わせたときにサブスクリプション型の洗剤発注機能とかできる可能性があるのではないかというものだ。

具体的には洗濯機が洗剤の使用量を把握して「もう洗剤量が少ないので注文しますか?」という提案をしたり関連商品の広告が表示されたり。

家電がデータをどんどんとっていくので、それと広告を組み合わせると仕組みとしてはおもしろいのではと思ったが、ハードルが高すぎるのでそのことはすっかり忘れていた。

そして今回のサービスはそれよりも違った角度で実に amazon らしいアプローチをしていていかにもおもしろい。 日本でも始まると試してみたいサービスのひとつだ。