色は匂えど散りぬるヲ

株式会社アジケ代表のブログ。清濁併せ呑むようなものが好物です。

Diary

変な話題の「変」を決めるのは時代の影響が大きい

先日、母親と電話しておりました。 会話の内容はとりとめのない身内話だったのですが、母があるテーマについてひと言気になることをつぶやいたので、ちょっと考えてしまいました。 森元首相( a.k.a. もりもとしゅしょう)の真央ちゃん発言から始まって、近…

一流の建築家から「コンセプト」を学ぼう

建築物のコンセプトを読んでいると都市計画の流れを汲むものが多く、歴史を尊重し未来に繋げるためにふさわしい建物とは何か?というテーマを説いているように見えます。 そんなこんなで、建築家からコンセプトを学びましょう!

努力は人を裏切る

年始一回目(おそ)のブログ記事から仰々しいタイトルをつけましたが、このタイトルは自分が考えたものではないんですよね。 あー自分の言葉だと言いたい。心の底から言いたいぃい なんてバカな事を書いていますが、この言葉はゲゲゲの鬼太郎で有名な水木し…

コーポレートサイト制作の裏側(メイキング的なもの)

先ほど、コーポレートサイトをリニューアルしました。 http://www.ajike.co.jp/ 今だから言えますが、実は以前のサイトはもう一つ前のサイトからの中休み的な位置づけのものでした。 その前はフルFlashのサイトだったので、3年ほど前にフルFlashのサイトだと…

UXデザインチームが始動します。

UXについては概念の定義からその方法論までさまざまな分野で活発に議論されているところであります。 個人的には”UX” ”体験をデザインする”という概念はさほど新しいものでもないし、WEB業界に限ったものでもないかと思います。 有名どころではディズニーの…

クリエイターが事業を生み出すために必要なこと

何度か記事で紹介したのですが、会社のミッションとは別で個人的にクリエイターが事業を生み出す組織をマネジメントしたいと思って日々動いております。 12月が決算月の当社でありますが、10月以降の第4Qは会社をもう一段階次のステージに押し上げようと努…

コンペで負けた時の心がけ。

先ほどコンペで自分たちが提案した企画が不採用だった連絡を受けました。 個人的にはコンペには結構参戦してきたほうじゃないかなと思っています。勝率は微妙なところかもしれませんが、ご発注いただくケースもあるし、そうならないケースもあります。 ご発…

教科書どおりやってみる

今日も雑談になりますが、思ったことをつらつらと。 年の瀬も迫り今年を振り返る時期ですね。 個人的に今年は「原点回帰」と「教科書通り」の2点を心がけて日々を過ごしていたように思います。 原点回帰については クリエイターが事業をつくる会社をつくろう…

心の底から羨ましいと思った

先日、長女が3才になるので鶴岡八幡宮へ七五三のお参りに行きました。 鎌倉近辺へ紅葉季節に行くということもあり、1泊2日の小旅行的な行程で、その時間を楽しみました。 式は義父が鶴岡八幡宮の宮司さんと友人ということで、お茶やらお菓子などのおもてなし…

経営者も知っておこう。フラットデザインとは?

UX / UI / フラットデザイン。 仕事柄、毎日どこかで見かける言葉ですね。 知人と話しをしていても、同業だとたまにこのテーマが話題にあがりますが、定義が曖昧な人と話すと残念なディスカッションになることもしばしばあります。 言葉の定義が大事というよ…

いまスタートトゥデイ(ZOZO)が熱い

先日スタートトゥデイがリリースした「WEAR」というアプリが話題になってました。 そんなことも含めて、最近EC業界が熱すぎる!情報が溢れておりますのでちょっとまとめておきます。 「店舗数で楽天超え」 ヤフーEC無料化、2週間で5万5000件の出店申し込み -…

WEBプロダクションが創ることにこだわらなければならない理由

長文になってしまったので、冒頭に結論を書いておきます。 プロダクションは「持たざる経営」を推進するのではなく創るというコアコンピタンスを重視し、それをパートナーと協力したり戦略立案の武器にしていくことが重要だよなぁ。という単純な話です。

楽天優勝おめでとう。そして、そこにはマネジメントが存在する

楽天がついにパ・リーグ優勝しましたね。 おめでとうございます。 小学生の頃、近鉄ファンだった自分としてはその DNA を引き継ぐ球団が優勝したことをとても喜ばしく思っております。 ただ、いまは楽天ファンというわけではないので完全ににわかファンの賛…

クリエイターが事業をつくる会社をつくろう。やっぱり。

先日、会社を設立して6周年の記念日を会社のスタッフと祝った。 みんなよくついてきてくれたなーという感謝とともに、人の人生を預かっているということもやっぱり再認識した。 同時に会社のステージを早く次の段階に移行しないとまずいという思いもあり、先…

プロダクションとしてアドテック2013に訪問して思ったこと

残暑の厳しさもようやくやわらいでまいりまして、みなさまいかがお過ごしでしょうか。近況を述べると、最近は仕事よりも家のことに時間をとられておりまして、以前ほど仕事に時間をかけられていないことが多いです。 子供がもう少し大きくなるくらいまでは、…